狂気の凶器映画 大行進

映画の感想、考察、凶器記録 etc.

MCU一挙おさらい 4本目『マイティ・ソー(2011)』ネタバレあり イースターエッグ/解説

 2019年5月3日に全米公開を控えた『アベンジャーズ4』に備えて。今までに公開されてきたMCU作品のイースターエッグを、18週に亘り一気におさらいしている当ブログ。

 

前回の記事


 

当記事はMCU作品のネタバレを含んでいます。

MCU作品を全て鑑賞済みの上読むことをお勧めします。

 

 

第4回の今回紹介するのは。

 

マイティ・ソー(2011)』

f:id:fuminnw:20180929032017j:plain

 

ヘルメット

 序盤でだけ被っていた羽根飾りのついたヘルメット。映画ではその後被ることは無いが、原作ではヘルメットを被っていることの方が多い。

f:id:fuminnw:20181002191541p:plain

f:id:fuminnw:20181002191950j:plain

 

 MCUの原点とされている『アルティメッツ』ではソーはヘルメットを被っていない。このことから映画ではヘルメットを被っていない状態がデフォルトになったと考えられる。

f:id:fuminnw:20181002193237j:plain

 

 ちなみに、シリーズ3作目の『マイティ・ソー/バトルロイヤル』では別デザインの羽根飾りのついたヘルメットが登場する。

f:id:fuminnw:20181005132418j:plain

 

 ウォーリアーズ・スリーとシフ

 ソーと共に幾多の戦いを生き抜いてきた戦友。左からヴォルスタッグ、シフ、ファンドラル、ホーガン。

 

f:id:fuminnw:20181005133600p:plain

 

 ヴォルスタッグを演じるレイ・スティーヴンソンは『パニッシャー:ウォー・ゾーン』でパニッシャー(フランク・キャッスル)を演じていた俳優だ。

f:id:fuminnw:20181005151820j:plain

 

 ファンドラルを演じたジョシュア・ダラスは次作に当たる『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』では『ワンス・アポン・ア・タイム』の撮影のため降板。ファンドラルを演じたのは本作が最初で最後である。

 

 

f:id:fuminnw:20181005154236j:plain

今作でファンドラルを演じたジョシュア・ダラス

 

 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014)』以降は『塔の上のラプンツェル』でフリンを演じたザッカリー・リーヴァイが演じることになった。

 

f:id:fuminnw:20181005153355j:plain

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014)』からファンドラルを演じるザッカリー・リーヴァイ

 

 ちなみにザッカリーは来年公開予定のDCコミックス原作の映画『シャザム!』で主人公シャザムを演じることが決定している。

f:id:fuminnw:20181005155316j:plain

 

宝物庫のアイテム

 アスガルドの宝物庫に安置されていたアイテム。左からインフィニティ・ガントレット、生命と時間の石板、アガモットの眼、永延なる炎、ウォーロックの眼。

 

f:id:fuminnw:20181005143228j:plain

 

インフィニティ・ガントレット

 インフィニティ・ストーンが全てはめ込まれた状態だが『マイティ・ソー/バトル・ロイヤル(2017)』でレプリカということが判明する。

 

f:id:fuminnw:20181005144139g:plain

マイティ・ソー/バトルロイヤル(2017)』より

 

f:id:fuminnw:20181005160527j:plain

原作のインフィニティ・ガントレット

 

生命と時間の石板

 

 

f:id:fuminnw:20181005160328j:plain

原作の生命と時間の石板

 

アガモットの眼

 『ドクター・ストレンジ(2016)』に登場したものとは形状が異なるが、これもレプリカと考えられる。

 

f:id:fuminnw:20181005143935j:plain

ドクター・ストレンジ(2016)』のアガモットの眼

 

f:id:fuminnw:20181005172216j:plain

原作のアガモットの眼

 

延々なる炎

 このアイテムも『マイティ・ソー/バトルロイヤル』で再登場。ヘラがフェンリルアスガルド兵、ロキがサーターを蘇らせるのに使われた。

 

f:id:fuminnw:20181005155923p:plain

マイティ・ソー/バトルロイヤル』より

 

f:id:fuminnw:20181005155802j:plain

原作の永延の炎

 

ニューメキシコに落ちたムジョルニア

 前作『アイアンマン2 (2010)』のポストクレジットシーンでニューメキシコに落ちクレーターを作ったムジョルニア。

 

 今回のスタン・リーのカメオ出演はこのシーン。ムジョルニアに鎖を括り付けトラックで引き抜こうとした老人がスタン・リーだ。

 

f:id:fuminnw:20181005175351j:plain

 

f:id:fuminnw:20181005175428j:plain

 

 このシーンにカメオ出演しているコミックアーティストはスタン・リーだけではない。ムジョルニアを一番最初に発見し持ち上げようとしたこの男性、原作コミック『Thor』のライターを2007年から2009年まで務めたマイケル・ストランジスキだ。

 

f:id:fuminnw:20181005175142p:plain

 

f:id:fuminnw:20181005174507j:plain

Thor(2007-2011)Vol.1

 

Journey Into Mystery

 またこのニューメキシコのシーンで「Journey Into Mystery...」と書かれた看板が映る。『Journey Into Mystery.』とはソーが初めて登場したコミックスのタイトルだ。

 

f:id:fuminnw:20181005180610j:plain

 

f:id:fuminnw:20181005180642j:plain

 

ガンマ線研究者

 セルヴィグ博士がジェーン達に「知り合いのガンマ線研究者がS.H.I.E.L.D.と仕事をしている」と話すシーンがある。このガンマ線研究者とは『インクレディブル・ハルク(2008)』のブルース・バナーのことではないかと予想することができる。

 

f:id:fuminnw:20181006024401j:plain

 

デストロイヤー 

 アスガルドの宝物庫を襲撃したフロストジャイアント達を撃退。ソーの抹殺を狙うロキにより地球に送り込まれたがソーとウォーリアーズ・スリーによって破壊された。

 また、デストロイヤーを見たS.H.I.E.L.D.隊員が「スタークの物か?」というシーンがある。

 

f:id:fuminnw:20181006015843j:plain

 

 映画のその後を描く『アベンジャーズ:プレリュード』では破壊されたデストロイヤーはS.H.I.E.L.D.によって回収されたことが判明。『アベンジャーズ(2012)』でロキを撃退するためにコールソンが持ち出したデストロイヤーキャノンはデストロイヤーの技術を転用した武器だ。

 

f:id:fuminnw:20181006015905j:plain

 

f:id:fuminnw:20181006020403p:plain

アベンジャーズ』より

 

f:id:fuminnw:20181006020444p:plain

ドラマ『エージェント・オブ・シールド』にも登場

 

ジェスパー・シットウェ

 本作で何度か映り込んでいたS.H.I.E.L.D.エージェント。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2015)』『エージェント・オブ・シールド』にも登場。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2015)』である事実が判明することになる。

 

f:id:fuminnw:20181006030012p:plain

 

f:id:fuminnw:20181006232158p:plain

 

ドナルド・ブレイク

 ジェーンがソーに貸した昔交際していた男性の着ていた服。そこに貼り付けてあったネームタグに書かれた名前。ドナルド・ブレイクとは原作でソーが人間界で転生した際の名前だ。原作のソーは神の姿とこのドナルドの姿を使い分けていた。

 

f:id:fuminnw:20181005181637p:plain

 

f:id:fuminnw:20181005181657j:plain

偽造IDもドナルド・ブレイク名義

 

f:id:fuminnw:20181005181230j:plain

 

 ドナルド・ブレイクの姿の時は右足に生まれつき障害を持っているのでムジョルニアを杖に変化させて持ち歩いている。

 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』でムジョルニアを傘に変化させていたのはこれに対するオマージュと考えられる。

 

f:id:fuminnw:20181005182244j:plain

 

ホークアイ

 アベンジャーズのメンバー、ホークアイは本作で初登場。しかしノンクレジットでの登場だったためファンは武器の弓矢からホークアイだと予想するしかなかった。

 

f:id:fuminnw:20181006002308p:plain

 

 

ユグドラシル

 ソーはジェーンにこの世界はユグドラシルと呼ばれる世界樹の幹と枝であり9つの世界が存在すると説明する。

 

f:id:fuminnw:20181006005236j:plain

 

f:id:fuminnw:20181006005252j:plain

 

アスガルド

 神々の世界、ソーたちがいたのはここ。

 

f:id:fuminnw:20181006005530j:plain

 

ミッドガルド

 我々が生きる世界。ソーはオーディンの怒りを買いこの世界に追放された。

 

f:id:fuminnw:20181006005754p:plain

 

ヨトゥンヘイム

 フロストジャイアントの住む世界。

 

f:id:fuminnw:20181006010130j:plain

 

ヴァナヘイム

 ウォーリアーズ・スリーのホーガンの故郷である世界。次回作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の序盤に登場。

 

f:id:fuminnw:20181006010417p:plain

 

f:id:fuminnw:20181006010422p:plain

 

スヴァルトアールヴヘイム

 ダークエルフの住む世界。こちらも次回作に登場。

 

f:id:fuminnw:20181006010739j:plain

 

ニヴルヘイム

 死者の世界シリーズ三作目『マイティ・ソー/バトルロイヤル』に登場したヘル(地獄)がMCUにおけるニヴルヘイムではないかという指摘がある。

 

f:id:fuminnw:20181006022938p:plain

 

ムスペルヘイム

 炎の悪魔が住む世界。こちら『マイティ・ソー/バトルロイヤル』に登場。スルトが治めている。

 

f:id:fuminnw:20181006011044j:plain

 

ニダベリア

 鍛冶屋の種族、ドワーフの住む世界。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で登場。

f:id:fuminnw:20181006012405j:plain

 

アールヴヘイム

 ライトエルフの住む世界。MCUでは未登場。

 

f:id:fuminnw:20181006023251j:plain

原作のアールヴヘイム

 

ポストクレジットシーン 

 ジェーンの同僚であるセルヴィグ博士にフューリーが四次元キューブの研究を依頼する。しかし博士は既にこの時ロキに洗脳された状態であり『アベンジャーズ(2012)』につながる伏線になっている。

 

f:id:fuminnw:20181006022315j:plain

 

テッセラクト(四次元キューブ)

青白く輝く立方体の形をしたインフィニティ・ストーンのうちの一つ。『アイアンマン2 (2010)』でトニー・スタークの父、ハワードが研究していたことが明らかになった他『キャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャー(2011)』『アベンジャーズ(2012)』でも重要な役割を果たす。

 

f:id:fuminnw:20181006023654j:plain

 

次回予告

 

 

 次回解説するのは

 

『キャップテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー(2011)』

f:id:fuminnw:20181006032923j:plain

 

 

 記事の公開は10月20日の朝10時になります。次回もお楽しみに。