狂気の凶器映画 大行進

映画の感想、考察、凶器記録 etc.

MCU一挙おさらい 5本目『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)』ネタバレあり イースターエッグ/解説

 2019年5月3日に全米公開を控えた『アベンジャーズ4』に備えて。今までに公開されてきたMCU作品のイースターエッグを、18週に亘り一気におさらいしている当ブログ。

 

前回の記事


 

 

 

 

当記事は『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)』を含む、MCU作品のネタバレを含んでいます。

MCU作品を全て鑑賞済みのうえ、読むことをお勧めします。

 

 

 

 

 

第5回の今回紹介するのは。

 

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)』

f:id:fuminnw:20181006032923j:plain

 

ユグドラシル

 1942年の3月ヨハン・シュミットがコズミック・キューブを強奪したノルウェーコステンベルグの寺院の壁画。そこに描かれているのは『マイティ・ソー(2011)』に登場した世界樹ユグドラシルだ。

 

f:id:fuminnw:20181011172403j:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181006005236j:plain

f:id:fuminnw:20181018144810p:plain

 

ヒューマントーチ

 1943年の1月1日に行われた万国博覧会のシーン。透明のポッドの中に赤いスーツを着たマネキンのようなものが立っているシーンがある。これは原作に登場するアンドロイド、ヒューマン・トーチ(ジム・ハモンド)である。

 

f:id:fuminnw:20181011173229j:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181011173234j:plain

 原作のヒューマン・トーチ(ジム・ハモンド)

  

f:id:fuminnw:20181011173251j:plain

ポッドも原作のオマージュとなっている(Marvelsより)

 

 ヒューマン・トーチ(ジム・ハモンド)はアンドロイドでありファンタスティック・フォーのヒューマン・トーチ(ジョニー・ストーム)とは別人である。

 

f:id:fuminnw:20181018150150j:plain

ファンタスティック・フォーのヒューマン・トーチ(ジョニー・ストーム)

 

 ちなみに本作でキャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスは『ファンタスティック・フォー 超能力ユニット』『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』でジョニー・ストームの方のヒューマン・トーチを演じていた。

 

f:id:fuminnw:20181011173304j:plain

ファンタスティック・フォー 超能力ユニット』より

 

スーパーソルジャー計画

 スティーブ・ロジャースキャプテン・アメリカに変えた計画。『インクレディブル・ハルク』で行われていたのはこのスーパーソルジャー計画の再現実験だ。

 

f:id:fuminnw:20181018151247j:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181018152928p:plain

インクレディブル・ハルク(2010)』より

 

キャプテンアメリカのコスチューム

 本作でキャプテンアメリカは三種類のスーツを着る。

 

 国際の販売促進ショーで着ていたアーミー・マスコットスーツは頭に羽根飾りが付いていることや、盾の形などが原作の最初期のスーツに似せてデザインされてる。

 

f:id:fuminnw:20181018172449j:plain

 

 またショーの中でヒトラーを殴るパフォーマンスがあるがこれはCaptain America Comics#1(1941)のカバーアートのオマージュとなっている。

 

f:id:fuminnw:20181018172953p:plain

f:id:fuminnw:20181018172816j:plain

 

 ハイドラに囚われた捕虜の解放に向かった際のコスチューム。アーミー・マスコットスーツの上からジャケットを羽織っただけではあるが原作のアルティメット・ユニバースで第二次世界大戦の際に着ていたコスチュームのオマージュとなっている。

 

f:id:fuminnw:20181018173259j:plain

f:id:fuminnw:20181018174354j:plain

 

 トニー・スターク(アイアンマン)の父、ハワード・スタークによってつくられたスーツでは頭の羽根飾りがプリントとなっている。また、この時からシールドがヴィヴラニウム製のラウンドシールドに変わった。

 

f:id:fuminnw:20181018173236j:plain

 

イラストレータ

 スティーブがノートに猿に模した自分のイラストを描くシーンがある。原作ではスティーブ・ロジャーズはイラストレーターをしていた時期がある。

 

f:id:fuminnw:20181026011815j:plain

 

f:id:fuminnw:20180421040217j:plain


 

アーニム・ゾラ

 スイス人の天才科学者原作では体をサイボーグ化しており、胴体中央のモニターに顔が映し出され、本来顔のある場所にはカメラが付いている。

 

f:id:fuminnw:20181018153520j:plain

f:id:fuminnw:20181011172036j:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181018154241g:plain

原作のアーニム・ゾラ

 

 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2015)』では6万メートルの磁気テープに意識を移し巨大なコンピュータの姿で再登場。その後自ら発射したミサイルの爆発に巻き込まれ消滅した。

 

f:id:fuminnw:20181018153848p:plain

f:id:fuminnw:20181011172045j:plain

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2015)』より

 

 2016年にマーベルのコンセプトアーティスト、ジョシュ、ジニーによって『アントマン(2016)』の冒頭シーンに登場予定だったアーニム・ゾラのコンセプトアートが公開された。その姿はより原作に近いものとなっている。

 『アントマン(2016)』の冒頭シーンは1989年なので本作と『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2015)』の間の出来事である。

 

f:id:fuminnw:20181018154654j:plain

f:id:fuminnw:20181018155057j:plain

f:id:fuminnw:20181018155109j:plain

f:id:fuminnw:20181018155120j:plainジョシュ、ジニーによるコンセプトアート

 

 ちなみに原作準拠のアンドロイドボディの設計図が本作に一瞬だけ映り込んでいる。

 

f:id:fuminnw:20181018155818j:plain

 

スターロードの母?

 キャプテン・アメリカに握手を求める女性を演じたのはローラ・ハドック。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』でピーター・クイル(スターロード)の母、メレディス・クイルを演じていた女優。

 

 本作の時代は1943年、メレディス・クイルの生きていた時代とは重ならないのでただのキャスティングかぶりと考えられる。もしくは、本作に登場したのはメレディスの母でピーター・クイルの祖母という考え方をするのも面白いかもしれない。

 

f:id:fuminnw:20181018131857j:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181018131915p:plain

f:id:fuminnw:20181018131941p:plain

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』より

 

ハウリングコマンドー

 ハイドラの捕虜となっていたところをキャプテン・アメリカに助け出され行動を共にすることになった精鋭達。左からダム・ダム・デューガン、ジャック・デルニエ、ジム・モリタ、ジェームズ・モントゴメリー・ファルスワース、ゲイブ・ジョーンズ。

 

f:id:fuminnw:20181018162159p:plain

MCUハウリングコマンドー

 

f:id:fuminnw:20181018162951j:plain

原作のハウリングコマンドー

 

 ジム・モリタは『スパイダーマン:ホームカミング(2017)』でピーター・パーカーの通うミッドタウン高校の校長、モリタの祖父である。祖父がキャプテン・アメリカと共に戦っていたことを誇りに思っているからか『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2015)』で世間から戦犯扱いを受けているキャプテン・アメリカの登場する教育ビデオの使用を続けている。

 祖父、孫共にケネス・チョイが演じている。

f:id:fuminnw:20181018163926p:plain

モリタ校長

 

 ジェームズ・モントゴメリー・ファルスワースは原作ではユニオン・ジャックというイギリスの国旗を模したスーツを着たヒーロである。また、キャプテン・アメリカ、バッキー・バーンズ、ヒューマン・トーチ、サブマリナーなどが所属するインベーダーズのメンバーだったことがある。

 

f:id:fuminnw:20181018165125j:plain

 

 分かりにくいが、本作のモントゴメリーの軍服はポケットとベルトでユニオンジャックの柄に見えるようにデザインされている。

 

f:id:fuminnw:20181018164653p:plain

f:id:fuminnw:20181018165559j:plain

 

 ゲイブ・ジョーンズはドラマ『エージェント・オブ・シールド』に登場するS.H.E.L.D.エージェント、アントニー・トリプレットの祖父である。

f:id:fuminnw:20181018170220p:plain

 

 『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー(2015)』ではスミソニアン博物館にキャプテンアメリカのスーツのレプリカと共に展示されていた。

 

f:id:fuminnw:20181018170709j:plain

 

 またドラマ『エージェント・カーター』では再登場を果たし、ペギー・カーターに加勢した。

 

f:id:fuminnw:20181018170739j:plain

 

メンインブラック

 爆弾を積んだ大型戦闘機ワルキューレをチェスター・フィリップス(トミーリー・ジョーンズ)の運転する車で追いかけるシーン。ニトロボタンを押してブーストをかけるのだが、これはトミーリー・ジョーンズの出演している『メン・イン・ブラック(1997)』のオマージュである。

 

f:id:fuminnw:20181018181817j:plain

 

本作

f:id:fuminnw:20181018180645p:plain

f:id:fuminnw:20181018180702p:plain

 

メン・イン・ブラック(1997)』

f:id:fuminnw:20181018180715p:plain

f:id:fuminnw:20181018180723p:plain

 

レッドスカルのその後

 四次元キューブの力によって異次元に飛ばされたレッドスカル。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)』で再登場し、宇宙の果ての惑星ヴァーミアで霊体となり生き続けていたことが明かされた。

 

f:id:fuminnw:20181018141430j:plain本作より

 

f:id:fuminnw:20181018141450j:plainアベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)』

 

 

今回のスタン・リー

 今回は叙勲式のシーンで登場。スティーブ・ロジャースが登壇しないことを伝えに来た職員をキャプテン・アメリカと勘違いし、隣に座る男性に「意外と小柄だ」と言う。

f:id:fuminnw:20181018182822p:plain



 

次回予告

 

 次回解説するのは

 

 

アベンジャーズ(2012)』

f:id:fuminnw:20181018182533j:plain

 

 記事の公開は10月27日の朝10時になります。次回もお楽しみに。