狂気の凶器映画 大行進

映画の感想、考察、凶器記録 etc.

MCU一挙おさらい 14本目『ドクター・ストレンジ(2017)』ネタバレあり イースターエッグ/解説

 2019年4月26日に全米公開を控えた『アベンジャーズ/エンドゲーム』に備えて。今までに公開されてきたMCU作品のイースターエッグを、18週に亘り一気におさらいしている当ブログ。

 

前回の記事


 

 

 

 

   

当記事は『ドクター・ストレンジ(2017)』及び、MCU作品のネタバレを含んでいます。

MCU作品を全て鑑賞済みのうえ、読むことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

第13回の今回紹介するのはこの作品

 

ドクター・ストレンジ(2017)』

f:id:fuminnw:20181215044253j:plain

 

二度目の実写化

 実はドクター・ストレンジが実写化されたのは本作が初ではなく、1978年にテレビ映画として実写化されたことがある。日本では未ソフト化。

 

f:id:fuminnw:20181220193812j:plain

f:id:fuminnw:20181220193806j:plain

『Dr.Strange (1978)』

 

エンシェント・ワン

 カマー・タージを納める"ソーサラー・シュプリーム"の称号を持つ至高の魔術師でありストレンジの師匠。実年齢は700歳。

 本作では女性として描かれているが原作ではチベット人で500歳の男性である。

 

f:id:fuminnw:20181220193255j:plain

本作のエンシェント・ワン

 

f:id:fuminnw:20181220193247j:plain

原作のエンシェント・ワン

 

ハミア・ザ・ハーミット

 カマー・タージの隻腕の老魔術師。

 原作ではウォンの父であるがMCUでの関係は不明。

 ちなみに、原作のハミアは隻腕ではない。

 

f:id:fuminnw:20181220200811p:plain

本作のハミア

 

f:id:fuminnw:20181220200814j:plain

原作のハミア 

 

サンクタム・サンクトラム

 ニューヨーク、ロンドン、香港にそれぞれ存在する施設。この3箇所を結ぶ結界によって異次元からの侵略を防いでいる。ニューヨークのサンクタムは本作以降ストレンジが管理することになった。

 原作でのサンクタム・サンクトラムの住所はブリーカー・ストリート177Aであり、本作でもその場所にあるとさていれています。

 この住所はマーベルコミックスでドクターストレンジのアーティストを務めていたロイ・トーマスとゲリー・フレデリッチがニューヨークに住んでいた際の住所に由来する。

 ちなみに、本作でストレンジを演じているベネディクト・カンバーバッチはドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』で主人公シャーロック・ホームズを演じているが、シャーロックホームズの住所はロンドンのベーカー・ストリート211Bである。

 

f:id:fuminnw:20181220190821j:plain

本作のサンクタム・サンクトラム(NY)

 

f:id:fuminnw:20181220190812j:plain

原作のサンクタム・サンクトラム

 

f:id:fuminnw:20181220191256j:plain

ゲームPS4『Marvel's Spider-Man』のサンクタム・サンクトラム

 

f:id:fuminnw:20181220192805j:plain

ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』

 

 

 カマー・タージに訪れたストレンジがエンシェントワンによって見せられた多次元宇宙のビジョン。これは原作コミックスでスティーブ・ディッコというアーティストの描いた

 

f:id:fuminnw:20181220202245j:plain

本作の

 

f:id:fuminnw:20181220202221j:plain

原作の

 

ピンク・フロイド

 本作の劇中ではピンク・フロイド星空のドライブが使用されているがピンク・フロイドのセカンドアルバム『神秘』のジャケットはドクター・ストレンジの原作コミックスのアートをコラージュしたものである。

 

f:id:fuminnw:20181220203701j:plain

ピンクフロイド『神秘』

 

f:id:fuminnw:20181220203643p:plain

コラージュ元となったドクター・ストレンジのコミックの1ページ

 

クリスティン・パーマー

 メトロポリタン総合病院の救急救命医。スティーヴン・ストレンジの同僚で元恋人。

 原作ではナイト・ナース(夜勤看護師)という別名を持ち、ヒーローやヴィランなどの超人相手に治療を行っている。

 ちなみに、Netflixのドラマ『デアデビル』S1,S2『ジェシカ・ジョーンズ』S1『ルーク・ケイジ』S1,S2『アイアンフィスト』S1『ディフェンダーズ』S1と常連キャラクターとなっているクレア・テンプルだが、彼女の勤務先もメトロポリタン総合病院であり、原作では彼女もナイト・ナースの一人である。

 

f:id:fuminnw:20181220180308j:plain

本作のクリスティン・パーマー(ナイト・ナース)

 

f:id:fuminnw:20181220181652j:plain

ナイト・ナースが初登場した『Noght Nurse#1 (1972)』

 

f:id:fuminnw:20181220182509j:plain

MCUのクレア・テンプル(ナイト・ナース)

 

f:id:fuminnw:20181220181812j:plain

原作のクレア・テンプル(ナイト・ナース)

 

ニコデマス・ウエス

 スティーヴン・ストレンジとクリスティン・パーマーの同僚。交通事故後にストレンジの手の治療を担当した。

 原作ではストレンジ同様にエンシェント・ワンの元で修行し、ストレンジほどではないが魔術を使えるようになった。彼はその魔法の力を医療に利用しようとしたが、ストレンジから反対を受け対峙、戦闘の末ビルの屋上から転落し死亡した。

 

f:id:fuminnw:20181220184040j:plain

本作のニコデマス・ウエス

 

f:id:fuminnw:20181220184142j:plain

原作のニコデマス・ウエス

 

アガモットの眼

 時間操作魔法が使用可能になる魔器。内部にインフィニティ・ストーンのひとつである時を司るタイム・ストーンが内包されている。

 ちなみにアガモットの眼は『マイティ・ソー(2008)』でアスガルドの宝物庫に安置されているのが映ったが、本作では何千年もの間カマー・タージのサンクタム・サンクトラムの結界の中心に安置されていたと言われているので、アスガルドにあった物は偽物だったということになる。

 

f:id:fuminnw:20181005143935j:plain

本作のアガモットの眼

 

f:id:fuminnw:20181221002040j:plain

マイティ・ソー(2008)』のアガモットの眼

 

f:id:fuminnw:20181005172216j:plain

原作のアガモットの眼

 

f:id:fuminnw:20181109042826j:plain

インフィニティ・ストーン 一覧

 

リビング・トリビューナルの杖

 モルドが使用する、多節棍に変形する魔法の杖。

 リビング・トリビューナルとは原作コミックスに登場する超存在コズミック・ビーイングの一人で、全ての並行世界の均衡を保つ事を目的としている。

 並行世界の均衡を乱し脅かすような存在が現れた時のみ姿を現す。

 

f:id:fuminnw:20181220210300j:plain

本作のリビング・トリビューナルの杖

 

f:id:fuminnw:20181220210311j:plain

原作のリビング・トリビューナル

 

ヴァルトのブーツ

 モルドが使用する、履くと空中を歩くことができる魔法のブーツ。

 ヴァルトとは原作コミックスに登場するオクテッセンスと呼ばれる強大な魔力を持った8つの存在の内のひとりで龍のような見た目をしている。

 ちなみに、このオクテッセンスのひとりであるサイトラックの作り出した魔石はX-MENに登場するジャガーノートのパワーの源である。

 

f:id:fuminnw:20181220212914p:plain

本作のヴァルトのブーツ

 

f:id:fuminnw:20181220212822j:plain

原作のヴァルト

 

ワトゥームの杖

 香港のサンクタム・サンクトラムに安置されていた神聖なる魔器。ウォンがカエシリウスに立ち向かうために使用した。

 原作にも登場するアイテムで世界に6つ存在すると言われている。使用者の固有のパワーを増大させる力を持ち破壊から治癒までその能力は様々である。受けたエネルギーを吸収、蓄積し己のパワーに変換することも可能。

 

f:id:fuminnw:20181220211303j:plain

本作のワトゥームの杖

 

f:id:fuminnw:20181220211500j:plain

 

ティナ・ミノル

 ウォンが香港のサンクタム・サンクトラムで率いていた魔術師の一人にリング状の杖を持ったアジア系の女性がいる。彼女はティナ・ミノルというキャラクターである。

 このリング状の杖はワンの杖と呼ばれ、黒魔術を発動することができる。普段はニコ・ミノルの身体に収納されており、彼女が負傷し血を流したときのみ呼び出すことができる。

 ティナ・ミノルとは原作では『Runaways』というシリーズの主人公の一人であるニコ・ミノルというキャラクターの母親である。

 ちなみにマーベルドラマ『ランナウェイズ』にもニコ・ミノルとティナ・ミノルが登場する。

 

f:id:fuminnw:20181222001837j:plain

本作のティナ・ミノル

 

f:id:fuminnw:20181222003032j:plain

本作のスリングリングのプロップ、右列一番上に"ティナ・ミノル"の文字がある。

 

f:id:fuminnw:20181222002736p:plain

原作のティナ・ミノル

 

f:id:fuminnw:20181222002355p:plain

ドラマ『ランナウェイズ』のティナ・ミノル

 

f:id:fuminnw:20181222002922j:plain

原作のニコ・ミノル

 

f:id:fuminnw:20181222001910p:plain

ドラマ『ランナウェイズ』のニコ・ミノル

 

カリオストロの書

 カエシリウスがカマー・タージの書庫から盗み出した魔術書。闇の儀式を行う方法が記されている。カエシリウスはここに記されていた闇儀式を行い、ドルマムゥがいる暗黒次元にアクセス、禁術とされる闇の魔法や不老不死を会得した。

 

f:id:fuminnw:20181220174409j:plain

本作のカリオストロの書

 

f:id:fuminnw:20181220174414j:plain

原作のカリオストロの書

 

 ストレンジがサンクタム・サンクトラムでカエシリウスと初めて対峙した際、壁に掛けられた斧を取ろうとするシーンがあるが、2015年から始まった原作コミックスのストレンジはよく斧を使っている。しかし本作では浮遊マントによって邪魔され斧を使うことはなかった。

 

f:id:fuminnw:20181220195409j:plain

『Doctor Strange#1 (2015)』

 

アベンジャーズ・タワー

 アベンジャーズのNY基地であるアベンジャーズ・タワーが本作でも確認することができる。

 

f:id:fuminnw:20181222001034p:plain

f:id:fuminnw:20181222001153p:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181222001253p:plain

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2014)』より

 

スタン・リー

 今回のスタン・リーはバスの乗客として登場。ちなみに読んでいる本はオルダス・ハスリーの"The Doors of Perception"『知覚の扉』で、その内容は筆者であるハスリー自信が幻覚剤を使用して見たサイケデリック体験を記録したものである。

 

f:id:fuminnw:20181221235003j:plain

本作より

 

ドルマムゥ

 

 ちなみに、本作でドルマムゥのモーション・キャプチャを担当したのは、主人公であるドクター・ストレンジを演じたベネディクト・カンバーバッチである。つまりストレンジとドルマムゥの戦いは、カンバーバッチの一人演技ということである。

 

f:id:fuminnw:20181220213753p:plain

本作のドルマムゥ

f:id:fuminnw:20181220213752j:plain

原作のドルマムゥ

 

ポストクレジットシーン

 本作のエンドロール後のおまけ映像は二本ある。

 

 一本目はNYのサンクタム・サンクトラムに訪れたソーがストレンジにオーディンの居場所を突き止めて欲しいと交渉するシーンである。

 このシーンは『マイティ・ソー/バトルロイヤル(2017)』のワンシーンを引用したものである。

 ちなみに、このシーンでのストレンジの服装は原作のクラシックなコスチュームにより近いものとなっている。

 

f:id:fuminnw:20181222004754j:plain

f:id:fuminnw:20181222004809p:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181222004909j:plain

原作のクラシックなコスチューム、黄色い手袋などが酷似している。

 

 二本目の映像は魔法によって下半身不随から復活したパング・ボーンの元に現れたモルドが「魔術師が増えすぎた」と言い彼から魔力を奪い取るというシーンだ。

 このシーンは続編である『ドクター・ストレンジ2』に繋がる伏線と考えられる。闇落ちしたモルドが続編のヴィランになるということだろう。

 

f:id:fuminnw:20181222005427p:plain

 

次回予告

 

 次回紹介するのは

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』

f:id:fuminnw:20181222005751j:plain

 

次回の記事もお楽しみに。