狂気の凶器映画 大行進

映画の感想、考察、凶器記録 etc.

MCU一挙おさらい 10本目『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)』ネタバレあり イースターエッグ/解説

どれい 2019年5月3日に全米公開を控えた『アベンジャーズ4』に備えて。今までに公開されてきたMCU作品のイースターエッグを、18週に亘り一気におさらいしている当ブログ。

 

前回の記事


 

 

 

  

当記事は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)』及び、MCU作品のネタバレを含んでいます。

MCU作品を全て鑑賞済みのうえ、読むことをお勧めします。

 

 

 

 

 

記念すべき第10回の今回紹介するのはこの作品

 

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)』

f:id:fuminnw:20181116104235j:plain

 

ピーター・クイル(スターロード)

 自称宇宙一のトレジャー・ハンター。1988年にヨンドゥ率いるラヴェジャーズによって誘拐された。

 

f:id:fuminnw:20181123073923j:plain

本作のスターロード

 

f:id:fuminnw:20181124024607j:plain

原作初期のスターロード

 

f:id:fuminnw:20181124024714j:plain

原作の近年のスターロード

 

ガモーラ

 サノスの養女で暗殺者。ゼン・フーベリ人の最後の一人と書かれているが、これは間違いである。原作ではゼン・フーベリ人は全滅させられたがMCUではサノスによって半数が虐殺されたことが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)』で描かれた。

 

f:id:fuminnw:20181123073946j:plain

本作のガモーラ

 

f:id:fuminnw:20181123091844j:plain

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)』

 

ドラックス・ザ・デストロイヤー

 妻子を殺したロナンに復讐を誓う怪力の戦士。

 原作でのドラックス元はアーサー・ダグラスという地球人であった。

 家族でドライブ中だった車をサノスによって攻撃され彼と妻は死亡。クロノスという宇宙超存在によってドラックスと呼ばれる人造戦士に魂を移され復活した。

 また、『Annihilation(2009)』にてサノスの心臓を抉り取り、ついにその使命を果たした。

 ちなみに、サノスの攻撃をかろうじて生き残った娘はサノスの父であるメンターのもとで育てられテレパスであるムーンドラゴンとなった。

 

f:id:fuminnw:20181123074018j:plain

本作のドラックス

 

f:id:fuminnw:20181124004355j:plain

原作のドラックス・ザ・デストロイヤー

 

f:id:fuminnw:20181124011424j:plain

原作のアーサー・ダグラスとその家族

 

f:id:fuminnw:20181124004437j:plain

『Annihilation(2009)』より

 

f:id:fuminnw:20181124011839j:plain

原作のムーンドラゴン

 

ロケット

 遺伝子操作されたアライグマ。武器やガジェットに精通している。

 データにはハーフ・ワールド出身と書かれているがこれは原作通りの設定である。原作に登場するハーフ・ワールドとは、退化した人類と高知能な動物と人型アンドロイドとが住む惑星である。

 また、仲間の欄にグルートとライラと書かれている。ライラとはロケットと同じくハーフ・ワールド出身の知性を持ったカワウソでロケットの元恋人である。

 ちなみにモーションキャプチャーでロケットを演じているのはブラッドリー・クーパーである。

 

f:id:fuminnw:20181123093505p:plain

 

f:id:fuminnw:20181123093534j:plain

本作のロケット

 

f:id:fuminnw:20181124012814j:plain

原作のロケット

 

f:id:fuminnw:20181123092431j:plain

原作のハーフ・ワールド

 

f:id:fuminnw:20181123105311j:plain

 原作のライラ

 

f:id:fuminnw:20181123093937j:plain

ブラッドリー・クーパー

 

グルート

 木の人型宇宙人でグルートの相棒。

 出身地が"X"となっているが、これは原作でのグルートの出身地であるプラネットXのことである。

 原作でも「I am Groot.(私はグルート)」としか話せない設定は同じだが、実は登場初期の頃は普通に言葉を話せていた。

 ちなみにモーションキャプチャーでグルートを演じているのはヴィン・ディーゼルヴィン・ディーゼルは来年公開のヴァリアントコミックス原作映画『ブラッド・ショット』で主人公のブラッドショットを演じることが決定している。

 

f:id:fuminnw:20181123074059p:plain

本作のグルート

 

f:id:fuminnw:20181123100708j:plain

原作のグルート

 

f:id:fuminnw:20181123083407j:plain

ヴィン・ディーゼルとグルート

 

f:id:fuminnw:20181123102005j:plain

原作のブラッド・ショット

 

ヨンドゥ・ウドンタ

 ラヴェジャーズのリーダーでありクイルを地球から誘拐した張本人。

 ヨンドゥは戦闘民族ケンタウリIV人の最後の生き残りである。ヨンドゥ以外のケンタウリIV人はバドゥーン人によって滅ぼされた。

 原作のケンタウリIV人の特徴は青い肌と赤いモヒカンだが、MCUのヨンドゥのモヒカンは着脱可能であり、ヤカの弓という遠隔操作可能な武器のアンテナの役割を果たしている。本作で装着しているモヒカン(フィン)は小型だが次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』ではプロトタイプのフィンとして原作のモヒカンに近いデザインのものが登場する。

 ちなみに原作でのヨンドゥはEarth-691と呼ばれる別次元の西暦3000のガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、別名ガーディアンズ3000のメンバーの一人である。ガーディアンズ3000は初代ラヴェジャーズとして次回作ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』にて登場。ヨンドゥもメンバーだったことが明かされる。

 

f:id:fuminnw:20181124014228j:plain

本作のヨンドゥ・ウドンタ

 

f:id:fuminnw:20181124021224j:plain

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』より

 

f:id:fuminnw:20181124014424j:plain

原作のヨンドゥ

 

f:id:fuminnw:20181124020159j:plain

原作のバドゥーン人

 

f:id:fuminnw:20181124022455j:plain

Earth-691のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーガーディアンズ3000

 

f:id:fuminnw:20181124022415j:plain

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』の初代ラヴェジャーズ

 

ロナン

 ロナン・ジ・アキューザーと呼ばれるクリー帝国の法執行人。コズミックロッドと呼ばれるスレッジハンマー状の武器を持つ。

 ヴィランではあるがクリー帝国の平和を第一と考えており、利害が一致すればヒーローとも共闘する。

 本作ではドラックスの妻子を殺害したことになっているが彼曰く「記憶にない」とのこと。サイコである。

 来年公開の『キャプテン・マーベル』にも再登場することが決定している。

 

f:id:fuminnw:20181123053402j:plain

本作のロナン

 

f:id:fuminnw:20181123053237j:plain

キャプテン・マーベル(2019)』のロナン

 

f:id:fuminnw:20181123053137j:plain

原作のロナン

 

ネビュラ

 サノスの養女でありガモーラの義妹。 姉のガモーラと共にサノスによって暗殺術を教え込まれたが、過酷な訓練によって全身を負傷しておりサイボーグ化を施している。

 原作ではサノスに反旗を翻しインフィニティガントレットを手にしたことがある。

 

f:id:fuminnw:20181124030006j:plain

本作のネビュラ

 

f:id:fuminnw:20181124030015j:plain

原作のネビュラ

 

クイルの家族

 本作でピーター・クイルの母メレディス・クイルを演じたローラ・ハドックは、同役で次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』に若い頃の姿で再登場する他『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)』にキャプテンのファンとして登場。

 また、クイルの祖父を演じたグレッグ・ヘンリーは『スリザー(2006)』や『スーパー!(2010)』など、本作の監督であるジェイムズ・ガンの作品ではお馴染みの俳優である。

 

f:id:fuminnw:20181121170234p:plain

本作のローラ・ハドック(メレディス・クイル)

 

f:id:fuminnw:20181121170844j:plain

次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』のローラ・ハドック(若い頃のメレディス・クイル)

 

f:id:fuminnw:20181121170629p:plain

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)』より

 

f:id:fuminnw:20181121165905p:plain

本作のグレッグ・ヘンリー(クイルの祖父)

 

f:id:fuminnw:20181121165920j:plain

『スリザー(2006)』のグレッグ・ヘンリー

 

 惑星モラグ

 映画序盤、スターロードがオーブを盗み出そうとしていた惑星。モラグとは原作コミックスに登場するクリー族の元リーダーの名前に由来する。

 

f:id:fuminnw:20181123040210j:plain

本作のモラグ

 

f:id:fuminnw:20181123040333j:plain

原作のモラグ

 

Dr.ヴォン・スピアーズ

 惑星モラグでスターロードが映し出したホログラムの犬は、本作の監督ジェームズ・ガンの愛犬Dr.ヴァン・スピアーズである。

 

f:id:fuminnw:20181123042214p:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181123042304j:plain

ジェームズ・ガン監督とDr.ヴォン・スピアーズ

 

コルビナイト人

 惑星モラグで馬のような骸骨が出てくるが、これは原作に登場するコルビナイト人のものではないかと言われている。

 

f:id:fuminnw:20181123123324p:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181123123757j:plain

原作のコルビナイト人

 

ザンダー星

 ノバ帝国の首都惑星であり非常に高度に発展した文明を有する。人間によく似た外見をしたザンダー星人、ピンクの肌をしたクリロア人、レイナー人など多種多様な種族が住んでいる。

 原作のザンダー星はドームに覆われた四つの大陸がそれぞれチューブで接続された、コロニーが他の惑星である。

 

f:id:fuminnw:20181123054825p:plain

 

f:id:fuminnw:20181124032247j:plain

本作のザンダー星

 

f:id:fuminnw:20181124040514j:plain

原作のザンダー星

 

ノバ軍(ノヴァ・コーズ)

 ザンダー星を中心としたノバ帝国の治安維持を目的とした軍隊。主にザンダー星人によって構成されている。

 原作では、本作のノバ軍にあたるノヴァ・コーズと呼ばれる部隊が存在する。ノヴァ・コーズは様々な種族の宇宙人によって構成されている。

 また、ノヴァ・コーズのメンバーは母性であるザンダー星のマザーコンピューターである"ワールドマインド"からノヴァ・フォースと呼ばれるパワーの供給を受けている。

 また、ノヴァ・コーズにはコーズマン、ミレニアン、デナリアン、センチュリオン、プライムと呼ばれる階級が存在し階級が高くなるほどワールドマインドから供給されるノヴァ・フォースの量が上昇し、飛行能力やエネルギーブラストの照射などが可能になる。

 ちなみに、ワールドマインドには歴代のノヴァ・コーズ隊員やザンダー星人達の知識(肉体から切除された脳みそが直接接続されている)を蓄積した意志を持った、バイオスーパーコンピューターである。

 

f:id:fuminnw:20181124033658j:plain

本作のノバ軍

 

f:id:fuminnw:20181124032634j:plain

 

f:id:fuminnw:20181124032651j:plain

原作のノヴァ・コーズ

 

f:id:fuminnw:20181124040120j:plain

原作のワールドマインド

 

ローマン・デイ

 ザンダー星人のノバ軍の将校。ローマンとは階級名であり原作におけるミレニアンに当たると考えられる。度々連行されてくるクイルとは顔見知りであり、彼に早く更生するように説得している。

 原作でのローマン・デイは地球人のリチャード・ライダーにノヴァ・フォースを与え地球人初のノヴァとして覚醒するきっかけを与えたキャラクターである。

 

f:id:fuminnw:20181124040835j:plain

本作のローマン・デイ

 

f:id:fuminnw:20181124040911j:plain

原作のローマンデイ 

 

ガーサン・サアル

 ローマン・デイの腹心の部下。

 原作でのガーサン・サアルは、ワールドマインドに蓄積されたノヴァ・フォースの大半を吸収し最強のノヴァ・コーズ、スーパー・ノヴァとして覚醒したが、その強大なパワーをコントロールすることができず精神が崩壊、アベンジャーズヴィランとなった。

 ちなみにガーサン・サアルを演じたピーター・セラフィノウィッツはAmazonプライムで配信中のドラマ『The Tick / ティック~運命のスーパーヒーロー』で主人公のヒーロー、ティックを演じている。

 

f:id:fuminnw:20181124042429j:plain

本作のガーサン・サアル

 

f:id:fuminnw:20181124041326j:plain

 

f:id:fuminnw:20181124041357j:plain

原作のガーサン・サアル(スーパー・ノヴァ)

 

f:id:fuminnw:20181124042340j:plain

ピーター・セラフィノウィッツ(お茶目)

 

f:id:fuminnw:20181124041919j:plain

ドラマ『The Tick / ティック~運命のスーパーヒーロー』より

 

今回のスタン・リー

 今回のスタン・リーはザンダー星で美女をナンパしている。ちなみに、よく見ると顔の横にスタン・リーの決まり文句である"Excesior!"(向上せよ!)と書かれている。

 

f:id:fuminnw:20181123054945j:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181123065637p:plain

 

f:id:fuminnw:20181123065952g:plain

 

マー・ヴェル(キャプテン・マーベル)

 ザンダー星のノヴァ軍基地でデスクに映し出されているホログラムは初代キャプテン・マーベルでクリー人のマー・ヴェルではないか、と言われている。

 原作のマー・ヴェルは映画『キャプテン・マーベル』の主人公である二代目キャプテン・マーベル(元はミズ・マーベルという名前で活躍していた)であるキャロル・ダンバースの夫でもある。

 

f:id:fuminnw:20181123060212p:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181123060105j:plain

原作のマー・ヴェル(初代キャプテン・マーベル)

 

ザ・ブローカー

 ザンダー星でクイルがオーブを売ろうとしていた質屋。原作では奴隷売買を商売とする非常にマイナーなヴィランである。

 

f:id:fuminnw:20181123071020p:plain

本作のザ・ブローカー

 

f:id:fuminnw:20181123071339j:plain

原作のザ・ブローカー

 

ミラノ号

 ガーディアンズの宇宙船ミラノ号の名前の由来は俳優で歌手のアリッサ・ミラノである。クイルがアリッサ・ミラノのファンという設定である。

 

f:id:fuminnw:20181123043131j:plain

本作のミラノ号

 

f:id:fuminnw:20181123043233j:plain

アリッサ・ミラノ

 

ベリート

 ミラノ号に乗っていたことをクイルに忘れられていたクリロア人。ちなみに、彼女が着ているTシャツは幼少期のクイルがラヴェジャーズに誘拐された時に着ていたものである。

 原作でのベリートはクリロア星では有名な映画監督である。ハルクを題材とした映画を監督したこともある。

 

f:id:fuminnw:20181123043625p:plain

本作のベリート

 

f:id:fuminnw:20181123045838j:plain

幼少期のクイル

 

f:id:fuminnw:20181123043855j:plain

原作のベリート

 

f:id:fuminnw:20181123051210j:plain

原作より

 

ジェームズ・ガン監督のカメオ出演

  本作にはガン監督自身がサカー人兵の一人としてカメオ出演している。

 

f:id:fuminnw:20181123133301p:plain

ガン監督の演じるサカー人兵

 

ロブ・ゾンビ

 ラヴェジャーズの戦艦エレクター号のコンピュータの声でカメオ出演しているのは映画監督であり音楽家であるロブ・ゾンビである。

 

f:id:fuminnw:20181123125738j:plain

エレクター

 

f:id:fuminnw:20181123125938p:plain

ガン監督とロブ・ゾンビ

 

テイラー・ベイツ 

 ジェームズ・ガンロブ・ゾンビの監督する作品の音楽を手掛けるプロデューサーであるテイラー・ベイツはラヴェジャーズのパイロットとしてカメオ出演している。

 

f:id:fuminnw:20181123132910j:plain

ラヴェジャーズのパイロットを演じるテイラー・ベイツ(画像中央)

 

f:id:fuminnw:20181123132902j:plain

テイラー・ベイツ

 

ロイド・カウフマン

 低予算B級映画を多く制作している映画会社トロマ・エンターテインメントの創設者ロイド・カウフマンがキルン刑務所の囚人の一人としてカメオ出演している。

 本作の監督であるジェームズ・ガンはトロマ・エンターテインメント出身であり、その恩返しとしてロイドを本作に出演させたのだろう。

 

f:id:fuminnw:20181123103302j:plain

 

f:id:fuminnw:20181123103524j:plain

ガン監督とロイド・カウフマン

 

ネイサン・フィリオン

 青い肌の大柄の囚人の声を演じたのはネイサン・フィリオン。アニメ版グリーンランタンの声やジェームズ・ガン監督の『スーパー!(2010)』でホーリー・アベンジャーを演じていた俳優である。次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ではワンダーマンを演じたらしいが出演シーンは本編では全てカットされた。

 

f:id:fuminnw:20181123104422j:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181123105215j:plain

『スーパー!』よりホーリー・アベンジャー(画像中央)

 

f:id:fuminnw:20181123105737j:plain

原作のワンダーマン

 

コレクター

 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013)』のポスト・クレジットシーンに登場した貴重なものに対して異常な執着心を持った収集家。

 クイル達にオーブはインフィニティ・ストーンの一つであるパワーストーンであること。世界には6つのインフィニティ・ストーンが存在することを教えた。

 ちなみに彼は『マイティ・ソー/バトルロイヤル(2017)』登場するグランドマスターの兄弟である。

 

f:id:fuminnw:20181123111501j:plain

本作のコレクター

 

f:id:fuminnw:20181109074304j:plain

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013)』のコレクター

 

f:id:fuminnw:20181123123023j:plain

原作のコレクター

 

f:id:fuminnw:20181123123120j:plain

マイティ・ソー/バトルロイヤル(2017)』のグランドマスター

 

f:id:fuminnw:20181109042826j:plain

インフィニティ・ストーンの一覧

 

 セレスティアルズ

 コレクターがクイル達に見せた映像の中に写っているのは、セレスティアルズと呼ばれる体調が600mを超える超存在である。また、この映像でセレスティアルがパワーストーンの力を使い滅ぼしている惑星は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)』にも登場したサノスの故郷であるタイタンではないか、という噂がある。

 

f:id:fuminnw:20181123114707p:plain

本作のセレスティアルズ

 

f:id:fuminnw:20181123114608j:plain

原作のセレスティアルズ

 

f:id:fuminnw:20181123115814j:plain

 

f:id:fuminnw:20181123120004j:plain

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)』のタイタン

 

ノーウェア

 上記のセレスティアルズの一人エソン・ザ・サーチャーの死骸を利用したコロニーである。死骸を採掘し資源として利用しているほかコロニー内には、居住区、闇市、カジノ、コレクターの保管庫などが存在する。

 

f:id:fuminnw:20181123113242p:plain

本作のノーウェア

 

f:id:fuminnw:20181123113328j:plain

原作のノーウェア

 

コレクターのコレクション

 コレクターのコレクションは貴重なアイテムや財宝に限らず、生物なども収集している。

 

・チタウリ

 『アベンジャーズ(2012)』に登場した、NYに襲来した侵略宇宙人。

 

f:id:fuminnw:20181123120831p:plain

本作のチタウリ

 

f:id:fuminnw:20181025223135j:plain

アベンジャーズ(2012)』のチタウリ

 

・フロスト・ジャイアン

 『マイティ・ソー(2011)』に登場した、ヨトゥンヘイムに住む巨人族である。

 

f:id:fuminnw:20181123125116p:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181123125131j:plain

マイティ・ソー(2011)』より

 

・ダーク・エルフ

 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013)』に登場した、スヴァルトアールヴヘイムに住む種族。

 

f:id:fuminnw:20181123111846j:plain

本作のダーク・エルフ

 

f:id:fuminnw:20181123112326j:plain

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013)』のダーク・エルフ

 

・コスモ

 旧ソ連が宇宙開発実験で宇宙船に乗せ地球外に飛ばした犬であるが高知能でありテレパシーによって会話をすることができる。

 

f:id:fuminnw:20181123120225p:plain

本作のコスモ

 

f:id:fuminnw:20181123120306j:plain

原作のコスモ

 

・ベータ・レイ・ビル

 こちらに背を向けて座っているのは、上記のコルビナイト人であるベータ・レイ・ビルというキャラクターではないか、と言われている。

 ベータ・レイ・ビルとは原作に登場するソーの義兄弟である。ソーを二度負かしたが命を奪うことを拒み、その高潔さをオーディンに認められ、ムジョルニアと同等の力を持つストームブレイカーを与えられた。

 ちなみにベータ・レイ・ビルは『マイティ・ソー/バトルロイヤル(2017)』でグランドマスターの塔のオブジェとして登場するためMCUにも存在ことが確定している。コレクターとグランドマスターは兄弟であるため、この倉庫にいるのがベータ・レイ・ビルだとしたら、グランドマスターのバトルロイヤルに出場していたベータ・レイ・ビルをコレクターが譲り受けたと考えることができる。

 

f:id:fuminnw:20181123122427p:plain

本作より

 

f:id:fuminnw:20181123124057j:plain

原作のベータ・レイ・ビル

 

f:id:fuminnw:20181123122448j:plain

マイティ・ソー/バトルロイヤル(2017)』より

 

・スラッグス

 ジェームズ・ガンが監督した映画『スリザー(2006)』寄生生物である。

 

f:id:fuminnw:20181123121957j:plain

本作のスラッグス

 

ハワード・ザ・ダック

 人語を話すスーツを着たアヒルハワード・ザ・ダックと呼ばれるキャラクターである。

 次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』にも登場。

 ちなみに『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀(1986)』として以前にも実写化されている。

 

f:id:fuminnw:20181123133619j:plain

本作のハワード・ザ・ダック

 

f:id:fuminnw:20181123134458p:plain

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)』

 

f:id:fuminnw:20181123133626j:plain

ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀(1986)』より

 

f:id:fuminnw:20181123133745j:plain

原作のハワード・ザ・ダック(どう見てもドナルドダックである…)

 

次回予告

 

 次回紹介するのは

 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015)』

f:id:fuminnw:20181124043435j:plain

 

次回もお楽しみに。